ブログランキング
RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
一章二節「歴史」
仲田岳は触れたもの記憶をコピーできるのだ。


タケが言葉を話せるようになって間もなく家族は異変に気が付く。


「ママ、食べたくない。」

「タケちゃんの大好きな卵焼きよ。」

「かゆくなる。」

そんな筈はない、昨日まで口一杯に詰め込んでいたはずなのに…母親は首を傾げたが、自分の卵アレルギーが遺伝しているのだと信じた。

author:kyanbus, category:-, 19:12
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:12
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://kyanbus.jugem.jp/trackback/31